トップページイラスト(ナナセミキ様作成)

イラストの情報はこちらから≫

Jimdo・みんビズ等でのgoogleへのサイトマップ送信は「サイトマップ内の URL のインデックスを必ずしも保証するものではない」

(現時点で)正しくは「Google への新たなコンテンツや更新されたコンテンツを発見する際の参考情報として利用される」

Jimdoに限った事ではありませんが、「サイトマップをウェブマスターツールで送信したのに、なかなかインデックスされない!」という話を聞く・見る事があります。

ウェブマスターツールを用いたサイトマップ送信について誤解が多い様ですので記載すると、ウェブマスターツールでのサイトマップ送信は「(Google の通常のクロール処理では検出できない可能性のある URL を含む)サイト上のすべてのページを Google に知らせる」行為です。

必ずしも、送信したからといって全てのページをGoogleがインデックスしてくれる保証はありませんし、ましてや「すぐに」インデックスしてくれるかは分かりません。

ただし、サイトマップのデータを送信しサイトの構造をGoogle側に把握してもらうことで、サイトのクロール スケジュールおよび今後のクロール処理を改善することが出来ます。

そのため多くの場合、サイトマップを送信することでデメリットとなることはありません。

良いサイト、効果が出るコンテンツは「日々の積み重ね」がとても大切です。
短期的な結果に一喜一憂せず、長期的なビジョンかつ「誠実な」運用を行いましょう。

参考サイト

▲このページのトップへ